読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れ旅の記録

子供連れでいろいろ出かけてみます

スポンサーリンク

ヒルトンのポイント&マネー予約が変わりました(2017)

ヒルトンHHONORS

2017年、ヒルトンのポイントに関して変更がありました。

hiltonhonors3.hilton.com

要約するとこんな感じ。

  • ポイント&マネー予約で、ポイントの使用方法が柔軟に(2017/3/1~)
  • ポイントを家族や友人とシェアできる(2017/4~)
  • Amazon.comでポイントが使える(2017/7~)
  • ダイヤモンドステータスが1年延長できる(2017/3~)

今回はつい数日前に始まった「ポイント&マネーの変更」について。

f:id:trial-and-error:20170305084144p:plainアプリでのポイント選択画面。スライダーを動かすと現金部分もリアルタイムで反映されます。

何が変わった?

ポイントと現金のバランスを自分で決められるようになりました。

いままでは、全額ポイントで支払うか、ヒルトン側が決めたポイント&マネー(固定の割合)でした。

これからは、1000ポイント刻みでポイント+マネーの割合が選択できます。(ポイントの最低利用数は5000ポイントです)

ポイントの価値は?

もっとも気になるのがこれですよね。以前のポイント&マネー制度では、ポイントの価値が高かったので。
ポイントリワードには「スタンダードルームリワード」と「プレミアムルームリワード」の2種類があります。
いくつかのホテルで見てみましたが、「全額ポイントの場合と基本的に変わらない」という結果になりました。

※ポイント&マネーのポイント価値は、10000ポイント&マネーの場合の価値です。

たとえばヒルトン福岡シーホークだとこのような結果に。

  • スタンダード
    • 全額ポイント:0.855円
    • ポイント&マネー:0.855円
  • プレミアム
    • 全額ポイント:0.3円
    • ポイント&マネー:0.305円

今回調べた中では、ヒルトン成田でポイント&マネーのほうが全額ポイントよりも0.08円価値が高く、これが最大の差でした。

まとめ

いままでのポイント&マネーのお得感はなくなりましたが、ポイントがちょっと足りない場合に泊まりやすくなったのは嬉しいです。

ちなみにポイント&マネーで宿泊した場合、「マネー」部分に関してはベースポイントおよびステータスによるボーナスポイントの対象になるそうです。

Hilton’s Points & Money Option to Book Award Stays is Live | Frugal Travel Guy

以前のポイント&マネーではポイントが付与されなかったはずですので、改善されましたね。

それにしてもプレミアムルームリワードはなんとかして欲しいです。
必要なポイントがプレミアム過ぎです。

ヒルトンホテルの予約はベストレート保証や、HHonors会員特典が適用されるヒルトン公式サイトからどうぞ。
「シンプルステイ」プランなら1~2日前までペナルティ無しでキャンセル可能です。
早めのご予約をオススメします。

スポンサーリンク